So-net無料ブログ作成
検索選択

危機は去ったと思っているのかな [Life]

 危機は去っていないような気がします.
先日の9月9日はいろいろな意味で緊張していた1日だった気がします.
勿論,あの国の動向に関してはということです.
 ある意味,この日に何かをしでかすような愚かなことはしなかったということでしょう.
しかし,危機は去っていないと感じます.
これって,期日の読みが外れたというだけで何も変わていない気がします.
解決されたことは何もありません.
このあたりをどう捉えるかということで,色々と先行きの読みが違ってくる気がします.

 そんなわけで,どことなく落ち着かない1日を過ごしていました.
色々な専門家と言われる人達が,様々な意見を述べています.
少々,勝手が過ぎるとも思うのですが,これを目的にしているという確固たるものが無いように感じました.
 推測に推測を上塗りしている印象.

 それなりに緊張していた1日ではありましたが,ニュースとして驚いたのは小田急線沿線の火災です.
列車にまで燃え移ったこの火災ですが,この沿線ではなかなかに混乱したのではないか.
新宿町田の移動に関しては見合わせた人,他の路線を選択した人などいるのではないかと思います.

 別な意味で「まさか」と思ってしまった出来事でした.
私鉄ですし,色々と大変そうです.
また,穿った見方をすれば平日でなくて良かったという見方も出来ます.
 この火災で列車側に怪我人などが出なかったことは不幸中の幸いだったと思います.
自分だけ気を付けていればということにはならない.
そう諭された気がします.
タグ:小田急線
nice!(6)  コメント(2) 

nice! 6

コメント 2

tommy88

北のミサイルが「日本上空を通過」って嘘です。飛んでる場所は宇宙空間だから、これは、マスコミが馬鹿なのに便乗して、政府は上手に煽っているのです危機意識を。そして、だから、議論すべきなんですが、マスコミは正面から議論はしないのです。 目の前の、かちかち山に話は移行するでしょう。 大学生の背負ったリュックが発火したって、話題。 全く危機意識のないアホな大学生です。 飛行機には乗れないけど、電車には乗っているのですたくさん。これがすぐそこにある危機だと思います。

by tommy88 (2017-09-11 21:09) 

jiji_san

tommy88様:
 コメントありがとうございます.
確かに宇宙空間は領空とはよばないのかも知れませんね.
しかし,襟裳岬沖という表現には多少違和感は感じていました.単純に直線的に飛んだとすると,函館,松前,大間この辺りの上空を通過した可能性という表現は使わないのか?等と思っていました.
 宇宙空間をということであれば,落下地点を表現するのに襟裳岬の先という表現もそれなりに納得です.

 列車に関しては,緊急時の非常停止ボタン或いは,レバー.
緊急,非常の感じ方は各自の感じ方だろうとも思います.
 良かれと思ってやったことでしょうから,悪意などあろうはずもない.
また,これは無事でよかったとしか言いようがありません.
by jiji_san (2017-09-12 00:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る