So-net無料ブログ作成

理解の外に在るもの [Life]

 手戻りがわかっていて進むということは多くの場合無駄だったりする.
確信がある状態で前進するということは余程の理由がない場合にはしないことにしている.
しかし,それでもするということが現実にはあったりするのです.
たった一日待てばはっきりすることがあるのであれば,これは待つべきだと思う.
これが出来る出来ないが何故に待てぬ,敢えて何もせずに今日を迎えてみる.
さぁ,理由を持って来いという構え.

 この時間に他の事を準備しておくということを何故にしないのか.
それが出来る出来ないが大きな差になることがある.
小さな結果はすぐにわかるだろう.
 すぐに過去になる.
タグ:過去
nice!(7)  コメント(0)